米ドル円の積立FXとスワップだけで1億円を目指す具体的な戦略について

こんにちは、ゆとりです。

円の金利が低金利で推移している中、銀行預金で積み立てをしてもほとんど増えません。

そんな中、金利が高い米ドルやオーストラリアドルなどの外貨預金の積立ならば、利回りは円よりも高くなりますので人気が出ています。

しかし実は、その外貨預金と同じ種類の運用で、外貨預金よりもはるかに効果が高い運用方法があるのです。それが『積立FX』です。

今回の記事では、外貨預金と積立FXの違いや、米ドルを毎月購入し、スワップポイントを受け取っていくシミュレーションをしてみたいと思います。

外貨預金と積立FXの違いとは?

外貨預金もFXも、やっていることは同じです。

それは、円を米ドルなどの外貨に両替して、その外貨で運用をすることです。

現在、米ドルなどの金利が2.0%(年率)なのに対して、円の金利は0.01%(年率)なので、その差は歴然です。

ちなみに、以下は銀行の外貨定期預金の金利水準です。

 

そして、外貨預金でも金利が付きますし、FXでもスワップポイントという利息を受け取れます。

では、外貨預金とFXの違いは何でしょうか?

それは、以下の2点が挙げられると思います。

① 手数料の違い
② 利息の受け取り方の違い

それではそれぞれ見ていきましょう。

手数料の違い

外貨預金とFXとでは、FXの方が圧倒的に手数料は安いです。

下図は、米ドルとオーストラリアドルで、外貨預金とFXの場合の手数料を比較していますが、米ドルではFXが0.3銭なのに対して、外貨預金は4銭~100銭と、10倍以上高いことが分かります。

また、オーストラリアドルでも、FXが0.6~0.7銭なのに対して、外貨預金は25銭~2円となっています。

 

同じ効果が得られる投資なのに、わざわざ手数料が高い外貨預金を選ぶ必要は見当たりませんね。

利息の受け取り方の違い

次に異なるポイントは、利息の受け取り方の違いです。

外貨預金は、利息を半年に1度受け取りますが、FXはスワップポイントという理想を毎日受け取ることが出来ます。

半年に1度と、毎日受け取るのでは、何か違いがあるの?と疑問に感じる方もいるかもしれません。

しかし、これは後で説明する『複利』の運用効果を使うとものすごい差になります。

ここで簡単に説明すると、FXでは毎日貯めっていくスワップポイントの利益を、運用に回すことが出来ます。なので、半年に1度、利息が入ってくる外貨預金と比べて、加速度的に資産が増えていくんですね。

 

ちなみに、以下の動画ではFXと外貨預金の比較が詳しくされていますので、参考になりますね。

米ドルFX積立の設定条件

ではここからは、米ドルにFXで積み立てを行っていく場合をシミュレーションしていきましょう。実際に私は、この戦略に沿って、運用計画を立てています。

仮定の条件として、現在のスワップポイントが1万米ドル(1,120,000万円、@112円)で1日75円の利息が発生し、1年間で27,000円ほどになるので、年率の利回りは2.4%ほどになります。

そして、月利に換算すると、単純計算で0.2%となります。

初期投資資金100万円、毎月20万円分の米ドルを購入していくとします。また、日々のスワップポイントで得た利息も、追加分として、翌月の米ドル購入に充てていきます。

<積立FXの設定条件>
・ドル円の米ドル買い・円売り
・レバレッジは1倍程度
・初期投資100万円、毎月20万円分の米ドル積立
・利息の利益も翌月に米ドル買い
・30年間運用
・ドル円のレンジ下限を75円に想定

 

使用するFX会社は、「SBI FXトレード」です。SBI FXを選んだ理由は、①スワップポイントが高い、②1米ドル単位から投資ができる、ことです。

SBIFXトレード

特に、日々のスワップポイントで得る少額の利益を、すぐに米ドル購入に充てられますので、資金効率が非常に高いです。

 

シミュレーションの際に問題になるのが、ドル円の為替レートが、将来どのように動くのかということです。

米ドルの積立FXの一番のリスクは、ドル円の為替レートが円高に進行することです。

現在(2018年10月24日)の為替レートは1米ドル=112円ですが、これが将来的に1米ドル=50円とかまで円高になったら、いくら金利が高い米ドルで運用しているとは言え、為替レートの変動で資産の価値は下がります。

ただ、為替というのは、基本的に、円高になったら将来的には円安になり、円安になったら円高になる習性があります。

株や仮想通貨のように、上がり続けたり、逆に下がり続けてゼロになることはありません。

もし、ドル円のレートが1米ドル=10円になった時は、米ドル経済が壊滅的な状況になってデフォルト寸前に追い込まれている時ですが、それは考えにくいでしょう。

むしろ、日本の国力を考えれば、人口も減り続け、今後の成長の余地はあまりないので、むしろ円安になる可能性の方が高いです。

なので、将来、円高になるとしても、76円の過去最安値は割れないだろうと予想しています。

毎月20万円の米ドルを購入した場合

それではここからは、毎月20万円、米ドルを購入して積立FXをする場合をシミュレーションしてみましょう。

もし、20万円という額が大きい場合、0を一つ消して考えれば、毎月2万円を積み立てていった場合と同じになります。

<積立FXの設定条件>
・ドル円の米ドル買い・円売り
・レバレッジは1倍程度
・初期投資100万円、毎月20万円分の米ドル積立
・利息の利益も翌月に米ドル買い
・30年間運用
・ドル円のレンジ下限を75円に想定

 

FXの積立運用をする場合、一番気にしなければいけないのは、ドル円の為替レートの変動です。先ほど説明した通り、円高が極端に進めば、スワップポイントの利息以上に損が出てしまいます。

そこで、為替レートの変動が、以下の4つのように変動した場合の、元本+利息がどうなるかを計算して比較してみました。

為替レートの変動パターン
① 112.50円から125円まで段階的に上昇
② 112.50円でずっとレートが固定
③ 112.50円から75円まで下がり、その後、110円まで上昇
④ 112.50円から75円まで段階的に下落

ちなみに、ここでは、歴史的な円高水準である75円がレンジの下端であると想定し、シミュレーションしています。

(また、簡素化のために、125円や75円ピッタリではなく、多少の誤差を許容しています。)

もし、将来的に、急激な円高になったり、米ドルが急に安くなり、ドル円のレートが75円を割りそうな場合には、運用方針を見直す必要があります。

シミュレーション結果

では、まず、為替は一旦なしで、初期投資額と総積立額の合計はいくらになるでしょうか?

初期投資額100万円でスタートし、毎月20万円ずつ積立を行っていくと、30年後の合計金額は、73,000,000円(100万円+20万円×12カ月×30年)です。

金利は一切になしで普通に積み立てをしても、結構溜まりますね^^

それではいよいよ、FX積立で、スワップ金利と為替レートの変動を加味したシミュレーション結果を見ていきたいと思います。

結果は以下の通りでした。

<運用シミュレーション>

① 112.50円から125円まで段階的に上昇:¥113,947,215(+¥40,947,215)
② 112.50円でずっとレートが固定:¥107,344,511(+¥34,344,511)
③ 112.50円から75円まで下がり、その後、110円まで上昇:¥127,096,677(+¥54,096,677)
④ 112.50円から75円まで段階的に下落:¥85,776,270(+¥12,776,270)
※カッコは、通常の積立を上回った利益額

 

つまり、もし、仮にドル円がこれから段階的に75円まで下がったとしても(④)、スワップポイントを加味すれば、普通に積み立てた場合と比べて1200万円ほどプラスの利益が発生するのです。

そして、もし③のように、この先円高局面が来て75円まで下がり、その後、再び円安になったら、54000万円もプラスの利益が発生するのです。そして、運用資産は1億2700万円にまでなります。

20万円分の米ドルを毎月購入していくので、同じ20万円でも円高局面ではより多くの米ドルを購入することが出来ます。

また、毎日発生する利息も、翌月の20万円に加えて米ドル買いに回しますので、まさに複利運用の効果で雪だるま式に資産が増えていくことになります。

米ドルの積立FXをする際の注意点

ここで米ドルの積立FXを成功させるための注意点をまとめました。

・レバレッジは1倍で運用する
・ドル円のレンジ下限を設定する

一番大切なポイントは、レバレッジは1倍に抑えるということです。

2~3倍もギリギリ許容範囲ですが、レバレッジが高いと、円高が将来進んだ際に、強制ロスカットに合うリスクも高まります、

長期積み立てを成功させる秘訣は、ロスカットに合わずに金利収益を受け取ることなのです。

また、ドル円のレンジ下限は事前に決めておき、万が一、そのレンジを下抜けた場合にどうするかは決めておきましょう。

更に円高が進めば、資産がどんどん目減りしますので、ポジションを落とすか、積み立てを一旦ストップするか、それとも何もしないか、ですね。

事前にあらゆるシナリオをイメージしておくことで、不測の事態が起きた場合に、冷静に対処することが可能となります。

まとめ

日本円で運用していてもなかなか資産が増えない状況下、米ドルの積立FXは非常に有効な手段です。

忙しくてチャートや相場を見れない人も、一度戦略を決めたら機械的に投資を行っていけますので、感情に振り回されるリスクも減ります。

是非、資産運用の手段の一つと考えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です