【入門】FXトラリピって儲かるの?初心者向けにわかりやすく解説

近年、自分でFXの取引をするのではなくて、システムで運用することが流行っています。

でも、自動売買システムと言っても、どこの誰だか分からない人が作ったものを信用するのは怖いですよね?

実際、中には悪徳業者も多数あり、「絶対稼げます!」「損することはほぼありません!」なんて言っている人がいたら絶対に信じてはいけないです。

そんな中、FXトラリピは、大手FX業者の一つである『マネースクエア』が開発し、特許も取得している自動売買なので非常に安心出来ますね。

今回の記事では、これからはじめてFXトラリピを始める方向けに、トラリピってそもそも何?結局儲かるの?などについて説明していきたいと思います。

FXトラリピって何?

まずはトラリピの全体像をつかむために、マネースクエアが作成した紹介動画をご覧ください。

トラリピは、一度条件を設定したら、後はシステムが自動で取引をしてくれるツールです。

人間が取引する場合、チャートを見て、テクニカル的なエントリーポイントを探って、損切りと利益確定の水準を決めて、などなど、忙しい人は中々思うように取引出来ません。

ただ、トラリピであれば、条件を設定するだけで、良いのです。

トラリピの仕組み

トラリピは、「トラップ」「リピート」「イフダン」の3つの仕組みから構成されています。

正式名称はトラップリピートイフダンですが、略してトラリピと呼んでいます。

それではそれぞれの意味を確認しましょう。

「トラップ」というのは、一定のレンジの中に罠を仕掛けるように複数の注文を仕掛けることです。

「リピート」というのは、注文が決済されたら、その水準の注文を新たに発注することです。

「イフダン」とは、〇円で買えたら、×円で決済する、というセットの注文を出すことを言います。

 

ちなみに、もし、イフダンなどの注文がよく分からない人は、以下の動画がとっても参考になりますよ。

 

FXトラリピはどうすれば儲かるの?

FXで利益を上げるためには、これから価格が上がるのか、下がるのかを予想する必要があります。

上がると思えば買いを行い、その後、価格が上がったところで売り決済すれば儲かります。

一方、下がると思えば売りを行い、その後、価格が下がったところで買い決済すれば儲かります。

これは通常のFXトレードですね。

 

では、トラリピの場合はどうでしょうか?

トラリピの場合、上がる・下がるを予想するのではなく、「この範囲で相場が動きそうだな」というのを予想すれば利益を上げることができます。

そして、システムが自動で売買を繰り返しますので、その範囲内で動いてくれれば、利益を上げ続けることが可能となります。

再発注も全て自動でやってくれますので、まさに不労所得を得られますね。

 

トラリピの設定方法や、トレード戦略については以下の記事もご参考下さい。

FXトラリピで負ける時はどんな時?

ではこのトラリピで負ける時はどんな時でしょうか?

先ほど、「この範囲で相場が動きそうだなというのを予想出来れば儲かる」と言いましたが、まさにそれが外れた時に、損失が出る可能性があります。

例えば、新規買い→売り決済を繰り返すトラリピの場合、相場が下がり続けて、想定していた範囲を下抜けた時、買いをポジションが溜まっているので含み損がどんどん膨らみます。

なので、必ずストップロスを仕掛けることは必須と言えるでしょう。

FXトラリピに必要な資金は?

トラリピを始めるのに必要な資金ですが、マネースクエアの場合、1000通貨単位から取引出来ます。

なので、10万円預けたら、10本程度はトラリピの注文を発注することが出来ます。

ただ、証拠金が少ないと、その分ロスカットに合うリスクも高まりますので、最低でも30万円くらいからトラリピを始めた方が無難でしょう。

FXトラリピに必要な知識は?

「トラリピを始めるためにFXの知識は必要でしょうか?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、当然必要です。

いくらシステムが自動で売買してくれるとは言え、FXとはそもそも何か?相場はどうやって動くのか?などを知らずに投資を始めるのは非常に危険です。

まずは、最低限のFXの知識は身に付けておきましょう。

以下の動画が非常に参考になりますよ。

FXトラリピの始め方

FXトラリピを始めるためには、マネースクエアに口座開設をする必要があります。

5分程度で開設の申し込みが出来ますので、サクサクッと申し込みをしてしまいましょう。

マネースクエア

まとめ

FXで不労所得を得る手段として、トラリピは使いこなせるようになれば大きな武器になりますので、労力をかけずに自動で稼ぐ術を身に付けていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です